前へ
次へ

賃貸マンションの審査に通らなかった時の原因

賃貸マンションに住む場合は、先に入居審査を受けることになりこの審査を無事にクリアする事が大前提です。無事に審査に通ることができれば問題ないですが、審査に通らない場合もあります。その場合は、何も改善しないまま再び審査を受けるとまた落ちてしまう可能性があります。つまり、なぜ審査に落ちてしまったのかその原因を考える必要があります。例えば自分の収入と比較して家賃が高い物件を選んでしまったり、保証人に問題がある場合だと審査に落ちることがあります。他にも今の職場の勤務年数が短い場合も審査に不利になることがあります。このように、自分がどの原因で落ちたのかを考えてそれを改善してから審査を受けることによって再び落ちてしまうリスクを下げることがあります。また、最近は家賃の回収を金融会社やカード会社などに依頼している不動産屋もあります。その場合は、信用情報がクリーンであることも重要になります。このように、賃貸マンションの審査に落ちてしまった時に考えられる原因はいくつかあります。

Page Top